「ニンテンドークラシックミニ」品薄記念!ファミコン恐怖のCM映像とは!?

 2016年11月10日、任天堂より発売された『ニンテンドークラシックミニファミリーコンピューター』は、発売日直後に、即完売。そして、現在も品薄状態が続いている。

 余談ではあるが、筆者も欲しかったのだが、発売前の予約を怠り買い逃してしまったクチである。
 転売ヤーたちが設定した悪徳価格で、購入したくないので、任天堂さん、早く再販してくれませんか?(笑)




 この商品は、かつて人気を誇ったソフト30本が内蔵されているという点や、サイズダウンしてるとはいえ、アラフォー世代が子供の頃に夢中になったファミコン本体のデザインを忠実に再現してるという点が、大ヒットの要因であると思われる。

 さて、『ニンテンドークラシックミニファミリーコンピューター』が、きっかけとなり、現在新旧ゲームファンより、再び注目を集めてる『ファミリーコンピューター』ではあるが、かつて“幽霊が映り込んでしまったファミコンゲームのCM”という映像が、堂々とテレビで放映されてたのをご存知だろうか?

 それは、「ファミコン生誕20周年」を記念して「GAMEBOY ADVANCE」で発売された「ファミコンミニ」のCMである。ロケバスで待機中のTOKIOの城島が、ファミコンミニのゲームに熱中してるという内容なのだが、彼の背後から青白い顔をした女性と思われる顔が映り込んでいるのだ。

 あまりにもハッキリと映りすぎているため、「撮影スタッフが、偶然映ってしまったのでは?」という意見もある反面、実際のCM映像では、女性霊と思われる顔が、一瞬消えて再び現れるという不可解な現象も確認出来るため「あんな動きは人間には出来ない!あれは本物の心霊だ!」と肯定する人々もいる。

 筆者個人としては、撮影中に何らかのミスで、スタッフが映り込んでしまい、そのことに終了後に気がついたものの、納期や城島のスケジュールを再度押さえるのが厳しかっため、見て見ぬフリをして、そのまま使用してしまったというのが真相ではないだろうか?




 前述した女性霊と思われる存在が、不可解な動きをするのは、映り込んでしまった女性スタッフを何とか消そうと思った編集作業上の名残ではないのかと思われる。

 該当の動画は、現在でもYouTubeで確認出来るので、気になる読者の方は、ご自分の目で確認して頂ければ幸いである。

【関連動画】
CM 任天堂 ファミコンミニ 第2弾 がんばれゴエモン

(サブカルライター:平山賢司 特別寄稿 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

※画像はYOUTUBEからのキャプチャ

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る