民俗学的解説から実話怪談まで!山口敏太郎原作「オカルト博士の妖怪ファイル」妖怪博物館にて販売中!

スポーツの秋や食欲の秋など、秋は過ごしやすい気候になるためか、色々な事に集中出来る季節と言われている。




一番多くの人が気軽に楽しむ事ができるものは、「読書の秋」だろう。

お台場のデックス東京ビーチにて営業中の「妖怪博物館」では、オカルト関連の書籍を多く販売中。

広い年齢に読みやすいマンガも複数あり、特にお勧めなのが山口敏太郎氏原作「オカルト博士の妖怪ファイル」だ。

座敷わらし、ろくろ首、提灯お岩など全国各地に伝わる妖怪にまつわるエピソードを綿密に取材。古くから伝わる話から、現代にまで及ぶ最新妖怪情報を漫画化!!




様々な妖怪に関して、実際に目撃・遭遇した怪談だけではなく、きちんと民俗学的見地に基づいた解説も行われている。

作画担当である鯛夢氏による、迫力ある妖怪の描写も必見!

店頭で販売している書籍は著者のサイン入りとなっている。秋の夜長におすすめの一冊だ。妖怪好きの人は是非どうぞ!

オカルト博士の妖怪ファイル
原作 鯛夢 画 出版社:朝日新聞出版 (2012/7/6)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る