【残忍】日本版「切り裂きジャック」事件、当時の現役高校生の犯行だった!

以前、ATLASでもご紹介させていただいた「切り裂きジャック事件」

本事件は「切り裂きジャック」1888年8月31日から11月9日の2ヶ月間に渡って発生した連続殺傷事件で売春婦たちが連続して殺害され、犠牲者は10人以上、犯行自体も1年以上も続いたという伝説だ。




また、切り裂きジャックの正体は未だもって不明で事件から130年近くが経過した今もミステリアスな事件の代表例として圧倒的な知名度がある。

そんな切り裂きジャック事件であるが実は事件から約80年後、日本でも「切り裂きジャック」を名乗った猟奇的犯罪者がいたのをご存知だろうか。

1964年12月26日、東京都西北部で1年10ヶ月に渡り、男児の下腹部を切り落としたり突き刺したとして、東京都野方警察署は都内の高校に通う高校二年生を逮捕した。

犯人の高校生は9件の犯行を自供。

動機は「男が女を切りつける話を雑誌で読んで興奮した」とのことで、小学生など弱い立場の人間を狙って犯行を繰り返していた。

さらに高校生は「切り裂きジャック」を名乗り、警察や被害者家族、学校などへ13もの怪文書を送りつけていた。

いくつかの例は以下のようになっている。




『私は小学生の下腹部を切った犯人だ。私は変質者ではない、デハ ナゼ彼ラニ傷ヲ負ワセ夕カトイウト ソレハ、杉並警察署員及ビ警視庁ノ刑事タチヲ、アヤツリ人形ノヨウニ私ガ動カスタメダ。ナゼソノヨウナコトヲスルノカトイウト、”日本”ノ警察ハ良クナイコトヲスル、夕トエバ一九六四・二・十二、ニ池袋ノマンモス交番ノ「丸山今利」「西沢亭」ガ行ッタ行動、ソノ他、多クノ朝鮮人ヘノ差別ガアル。夕トエバ一九六四・二・十二ノ朝「茨城朝鮮中高級学校」ノ寄宿舎デ日本ノ警察官(低能)ガ行ッタコト(ヨク調ベレバ分ル)、一九六二・九・二〇、アル交番デ公園デ話ヲシテイタ朝鮮人ヲ警察官ガ(悪人)ソノ交番へ連レテ行キ、カンキンシテ暴行シタ事件、ソノ他、滋賀県、伊香郡木之警察署デ二人ノ児童ニ放火ノヌレギヌヲ負ワセタ事件ナドイロイロアル、以上ノヨウニ日本ノ警察ハ悪イ。ソコデ、私ハコレカラモドンドン私ノ計画ヲ実行スルツモリデアル、アナタ方ハ私ニアヤツラレテ、クタビレロ!私ハ絶対ニソカマラナイ、私ガ犯人ダトイウ証拠ハ事件ノ詳細ヲ知ッテイルタトエバ一九六四・七、○○小ノ児童ニ傷ヲ負ワセタ箇所ハ睾丸デアル、コノ時ハソコヲ半分切リツケタ、ソシテ一九六三・十二、二西田町デ負ワセタ時モ、同ジ個所デ、ソノ時ハ全部切リ取ッテヤッタ、私ノ言ウコトガ分カッタカ?!』

『イクラ ワメイテモ捜シテモムダダ。ツカレテクルダロウ。私ハ絶対ニツカマラナイノダ』

『前二 予告シタヨウニ 634ノ4デ 私ノ計画ヲ キョウ(1964.10.10)ノ オリムピック 開会中二 実行シタ』

(以上原文ママ、なお最後の文中にある 634ノ4 は武蔵野市を意味すると思われる)

本件は怪文書を警察に送りつけて犯行に及ぶという、いわゆる劇場型犯罪であり、この怪文書からも犯人少年の精神状態がかなり異常であったことがわかる。

未成年の犯罪ゆえ名前は非公表で、平成の現在あまり語られることのない事件ではあるが、2020年の東京オリンピック開催が決定した今、再びこの事件を掘り起こした次第だ。

(穂積昭雪 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る