立川名物おでんそばの食べ方が難しい件





JR立川駅にある立ち食い蕎麦屋には「おでんそば」なる珍グルメがある。

その名の通り、蕎麦におでんのタネを入れたものだが都内の立ち食い蕎麦屋では意外と(?)人気が高いという。

選べるおでんのタネは「さつまあげ」「がんもどき」「たまご」から選べる(がんもどきは2個入り)。特に注文がない場合はさつまあげが出てくる。

タネはひとつだけなので「おでんそば」のイメージが先行すると少しイメージと違うと感じるものの、タネにはキチンとおでんの味が染みており、おでんの風味は損なわれていない。風味豊かなそばとしっかり味の染み込んだおでんの組み合わせは意外とマッチしている。また、おでんらしくタネには辛子を付けて食べることもできる。辛子をタネだけにつけるのは難しくどうしても辛子がつゆに溶け出してしまう。

だが「『おでん』と『そば』を一度で味わえる」という優越感は何事にも代え難く、また味わってみたいと思わせる魅力がある。

(鶏肉胸太郎 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーション・アトラス)





関連記事

最近の投稿


ページ上部へ戻る