オウムの犯罪は先見されていた!?松本サリン事件を予言したような小説が…





本日7月8日午前、地下鉄サリン事件等様々な事件を引き起こした一連のオウム真理教事件にて、オウム真理教の教祖であった麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚の死刑が執行された。また、教祖の指示で各種事件を実行した死刑囚ら6人の死刑も執行されている。

このオウム真理教が起こした数々の重大事件の一つに、松本サリン事件があった。1994年7月に松本市の某地域で、突如、幾人もの死亡者が出て、多数の住民たちが体の不調を訴えるという怪事件である。

この事件は7人の死者と、213人の重軽傷者を出し、これらの死傷者を生んだ原因が化学兵器としても使われるサリンであったため、大きな波紋を呼んだ。

結局、薬品を持っていたという理由で、近くに住んでいた会社員の男性が容疑者として逮捕された。だが、このことが、警察とマスコミに対する凄まじいまでの批判を生むきっかけになった。会社員の男性は犯人と目され、警察による度重なる捜査を受け、さらにマスコミからも真犯人として、名指しされ続けることになった。




しかし、この事件から半年ほど経った頃に起きた、オウム真理教が巻き起こした「地下鉄サリン事件」により、松本市で起きた事件もオウムの犯行であったことが判明する。

オウム真理教が松本支部の立ち退きをめぐって起きた裁判で、オウム側の敗訴が濃厚になったため、担当判事の殺害を目論んだオウムが起こしたものであったことが明らかになったのだ。

会社員の男性は、半年間にもわたって、警察とマスコミから真犯人と目され続け、一般の人々からの誹謗中傷の手紙などが大量に送られ続けた。警察の捜査方法、マスコミの報道姿勢が追求された事件であった。

実は、この事件を予言するような小説が、事件発生の3ケ月前に発売されていたという。

小説のタイトルは「みどりの刺青」というもので、著者はジョン・アボットという人物である。米国では92年に発売されたのだが、日本では松本サリン事件の3ケ月前に翻訳されたものが発売されている。




この内容はテロリストがサリンを使って、まったく痕跡も残さずブッシュ大統領を暗殺するという過激なものであり、サリンの制作工程も描写されていた(勿論現実に真似できないように、一部、故意に違う手順で書かれていたが)。

当初、この作者も疑われたが、後にまったく偶然であることが判明したという。

そもそも海外の作品であるので、日本で事件を起こせるはずはないのだが、事件の種本になったのではないか等、様々な憶測を呼んだりもしてしまったようだ。

(勝木孝之 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『みどりの刺青 (ミステリペイパーバックス)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る