ペルー・ナスカの宇宙人ミイラに新たな発見か?衝撃のDNA鑑定結果が!





本アトラスでも過去に何度か紹介しているペルーのナスカで発見された、宇宙人のものではないかと考えられている奇妙なミイラ。

真偽が定かでない現在も多数の研究者が研究を行っていた。そしてこの度英国の研究者がミイラのDNA検査を行い、歴史教科書を変えるかもしれない存在である可能性が出てきたと発表した。

研究者とドキュメンタリー作家のスティーブ・メーラ氏は、ナスカの宇宙人ミイラに対してDNA検査と炭素年代測定を敢行。その結果、ミイラは1800年前の人間であり、DNAの98.5%は人間に近いものの未知の生体組織が1.5%検出されたことが判明したのである。




関連動画
Two Strange Organic Artifacts Found In The Desert Of Nazca In Peru

この結果から、メーラ氏は宇宙人のものと考えられていたミイラが実際には未知の人種かもしれない可能性が出てきたと語った。だがメーラ氏はこのミイラについて、動物の骨や皮膚を使って巧妙に偽装された遺体の可能性もあると主張してもいる。

それ故に彼らはミイラに関するより専門的で大がかりな調査と、証拠保全のためより良い環境に移すべきだとナスカ市長に訴えている。

(加藤史規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 ©Brien Foerster YouTube




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る