【業界都市伝説】テレビ食レポで「不味い!」が言えない時の裏ワザとは?

タレント・落語家のヨネスケが2月21日にフジテレビで放送された番組『良かれと思って!!』で披露した強烈エピソードが話題になっている。

『突撃!隣の晩ごはん』などで「日本一のグルメレポーター」との呼び名も高いヨネスケであるが、過去に出演した某グルメ番組で起こった揉め事がきっかけで裁判沙汰へと発展。弁護士費用など含めて150万円を失った黒歴史があるようだ。




ある日、ヨネスケはとある店で出されたイワシのブツ切りをレポート。ヨネスケの話によると、イワシのブツ切りは普通、骨まで食べられるように徹底的に煮込むのだが、この店で出てきたイワシのブツ切りは骨が固くてまったく食べられるような代物ではなかったという。

ロケ中は我慢して「ウマい!ウマい!」と平らげていたヨネスケ。しかし、家に帰った後のこと、固い骨を食わされたことにさすがに怒りが収まらず、翌日のラジオの生放送でその店の名前を「料理人の風上におけない!とんでもない店だ!」と3回も連呼。結果、その店から営業妨害と名誉毀損で裁判を起こされてしまったという。

なお、ヨネスケは「別に(俺は)料理をマズいといったわけじゃないのに、なんで訴えられなきゃいけないんだ!」と裁判から数年経った今も納得がいかない様子だった。

このヨネスケの発言からもわかる通り、グルメレポートで「マズい」は絶対に発してはいけない三文字であるようだ。また、一歩間違えれば裁判沙汰にも発展することがあるために、世の食のレポーター達は「マズい」と絶対に言わないための涙ぐましい努力をしているという。

例えば、前述のヨネスケは『隣の晩ごはん』で「ああ~、なかなかですね…」と発言した際は十中八九マズいという意味であることを暴露している他にも、高田純次は「んー、個性的な味ですね」と言った際にはほぼ100%マズいパターンであることを告白している。

また、多くの食レポーターの間で「珍味ですね」「不思議な味ですね」「好きな人は好きになる味です」のように、遠回しな言い方をする時はマズかったケースが多いらしい。




故・阿藤海は食レポの際に「なんだかな~」と呟く際は、料理がマズイことを知らせるサインという都市伝説があったが、本人は「それはただの口癖で、マズいわけじゃない!」ときっぱり否定していた。このように誤った都市伝説が独り歩きしてしまったこともあるようだ。

いつも美食ばかり紹介するかだけに見えるグルメレポーター・・・実は体を張ったお仕事であることは違いなさそうである。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

関連記事
食レポ有名デブ系タレントB、段取りが悪いスタッフに鬼の形相で恫喝!
グルメタレントの最終形態か?寺門ジモンは牛を一頭買ったことがある!
ギャル曽根、5歳息子は既に大食いの才能発揮!娘もおにぎり50個を食べる!!

画像『桂米助の野球落語3 「天覧試合」 [DVD]

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る