怪人UMA「ブラック・アイド・キッズ」と交信!英国超常現象研究家が衝撃の試み





欧米を中心に近年目撃証言が多発している怪人UMA「ブラック・アイド・キッズ(黒い目の子供たち、BEKsとも)」

一見普通の10代頃の子供のように見えるのだが、白目の部分が存在せず目が全て黒いという外見的特徴がある。極端に感情表現がなく、急に凶暴化して人間とは思えない怪力を発揮して襲い掛かってくるとされている。

この「黒い目の子供たち」は2014年にイギリスはスタッフォード近くのカノック・チェイスの森に出現、彼らと遭遇した人々がネットに書き込んで一気に有名な存在となった。その後多くの人々がこの森を訪れ、自分も「黒い目の子供たち」に遭遇したという証言が出てきていた。

関連動画
5 Horrifying BLACK EYED KIDS Caught on Camera






「黒い目の子供たち」の正体は解っておらず、様々な説が出ている。実体があるため一種の未確認生物であるとする説があるが、一方で黒い目をしている事から宇宙人、グレイ型エイリアンが人間に偽装しているのだとする説や、子供たちの霊が恨みの念で変質したものだとする説まで様々だ。

そこで、イギリス在住の超常現象研究家が西洋版こっくりさんであるウィジャ盤を用い、深夜のカノック・チェイスの森で「黒い目の子供たち」と交信実験を行うと発表。さらにこの交信の内容は、イギリスのテレビ番組でドキュメンタリーとして来年放送予定だという。

この前代未聞の実験を行うとした超常識的研究者のDale Makin氏とJustin Cowell氏は、「黒い目の子供たち」が過去にこの森で亡くなった子供達の例ではないかと考えこの方法での交信を思い付いたという。

果たして、彼らの前に「黒い目の子供たち」は現れるのか。ウィジャ盤は「黒い目の子供たち」の言葉を受け取るのか。多くの人々が注目しているという。

(加藤史規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画 ©Sir Spooks YouTube

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る