【都市伝説】あの大物俳優が逮捕!?って、既に亡くなっていたのでは…





11月28日、首都圏を中心におよそ150件の盗みを繰り返していたとみられる窃盗グループ4人組が警視庁に逮捕された。

逮捕されたきっかけは、犯行現場に設置された防犯カメラだった。彼らは今年5月、栃木県佐野市にあるパソコン教室へバールを使って侵入。現金8万円とパソコンサーバー6台を盗んだ疑いが持たれており、その姿がバッチリ写りこんだ映像が防犯カメラに録画されており、この度の逮捕に至ったという。

この事件で逮捕されたのが、いずれも住所不定で会社役員の澤口雅史容疑者(46)と、無職の砂川文太容疑者(34)ら4人で澤口以外の3名は容疑を認めているという。




さて、本事件であるが、以前ATLASで紹介した「キムラタクヤ逮捕」と同様のトラブルに見舞われれているらしいのだ。

今回の事件で混乱が生じたのは、惜しまれつつ2014年に亡くなった昭和のビッグスター菅原文太さんである。本事件で逮捕された砂川容疑者の読みは「スナガワブンタ」となり、俳優「スガワラブンタ」と、名前の音読がよく似ている。そのため、ネットでは「え!菅原文太が逮捕!?」「菅原文太って亡くなったんじゃ…」のような投稿が後を絶たないようだ。

ここまでならば普通に他愛のないバカバカしいお話で終わるのだが、驚くべきことにこの度、この二人に奇妙なシンクロ現象が生じていたことが判明した。




砂川容疑者が逮捕された11月28日というのが、実は何を隠そう俳優の菅原さんの命日であるのだ。そのため、今回の「スナガワブンタ」逮捕のニュース(菅原さん当人にとっては相当迷惑な話だが)は、稀代の名優・菅原さんのことを思い出すのに一役買っていたという話がある。

名前の縁とは奇妙なものである……。

なお、菅原さんと名前に関するシンクロ二シティはもう一件報告されており、彼が亡くなった2014年11月28日は同じく任侠映画の大スターである高倉健さんの訃報(2014年11月10日没)がほぼ同時に発表されたことが当時、話題になっていた。

また二人のビッグネームが亡くなった11月10日と27日の間である、11月17日には声優の納谷六朗さんも亡くなっている。納谷さんは生前アニメ『クレヨンしんちゃん』で野原のしんのすけの通う園長先生役を演じていた。その園長先生のフルネームというのが、高倉健と菅原文太の名前から着想を得た「高倉文太」であったことから、当時「ヤクザ映画のひとつの時代が終わった」と、全国の東映任侠映画ファンの間では追想されていたという。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『仁義なき戦い Blu-ray COLLECTION




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る