日清CM「高校生サザエさん」が大論争の火種!?東芝撤退が影響との噂も…

11月22日、日清は看板商品カップヌードルの新作CMとして、「HUNGRY DAYS」第3弾『サザエさん編』の公開を開始した。

これは11月22日の「いい夫婦の日」を記念したCM企画で、「もしも現代の高校生だったら」という設定でマスオさんがサザエさんとお付き合いするきっかけを描いている。

関連動画
カップヌードルCM 「HUNGRY DAYS サザエさん 篇」 30秒

「HUNGRY DAYS」は懐かしのアニメを現代風の絵柄にリメイクするCMで、今までに『魔女の宅急便篇』『アルプスの少女ハイジ篇』などが制作されている。

しかしながら公開直後からこのCMに関して視聴者勢のレスポンスはあまり良くないという。というのも、他の「HUNGRY DAYS」シリーズも同様であるが、現代風の絵柄にアレンジされた作画が元のアニメの世界観とあまりにかけ離れているためであるという。




今回の「サザエさん編」も原作とは似ても似つかない美男美女風のサザエさんとマスオさんが登場していて、ネットでは「全然似ていない!」「ひどい原作冒涜だ!」との声が実に多いという。

さらに過去の題材となった『魔女の宅急便』『アルプスの少女ハイジ』の両作品はいずれも制作が終了した作品ではあったが、『サザエさん』は現在も新作アニメが継続して放送中であり、それだけに大きなギャップを否めないファンが多かったらしいのだ。

また、まるで陰謀論な説であるが、この「サザエさん編」が公開された直後の11月22日の午後に予てよりスポンサー降板が噂されていた東芝が来年3月をもって正式に降板することが発表されていた。このことから、TVアニメ『サザエさん』の筆頭スポンサーは東芝から日清食品へ移行した可能性が高く、今回の原作から乖離(かいり)した作画のCMは「日清がサザエさんを変える!」という意気込みに溢れた一本であるという摩訶不思議な都市伝説も流れ始めた。

もしかすると来年4月からの『サザエさん』は今回のCMのような美男美女風の作画になってしまうのかもしれない・・・。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)


関連記事
【サザエさん都市伝説】タラちゃん&イクラちゃん問題発言でひと悶着!?
【目撃】『サザエさん』でついに「殺人事件」が発生!?視聴者は驚愕、唖然、阿鼻叫喚…
未来人タイムトラベルの影響!?時間が静止した「サザエさん時間」崩壊!?

画像 動画 ©日清食品グループ公式チャンネル YouTube

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る