世界の屋根と言われるチベットの奥地・カイラス山麓の地下にはシャンバラと呼ばれる地下帝国が存在するという。

 ボン教の教典に語られ、仏教では須弥山とも呼称されている聖なる世界シャンバラは、シバ神や聖人・パドマサンバヴァが居住しているとも言われ、住民たちは霊的に進化したアデプト(超人)であると言われている。



 その存在は謎のベールに包まれているが、現代においても伝説上の話ではなく、チベット人の多くはシャンバラを現実にあるものと信じているのだ。つまり、我々日本人のいう極楽浄土、隠れ里という抽象的な異界ではなく、実際に訪問できる世界と解釈している。

 このシャンバラは、19世紀のロシア探検家ニコライ・レーリッヒによって世界に喧伝され、19世紀後半には、ロシアの神智学者ヘレナ・P・ブラバッキー女史が7年間チベットに滞在し、多くの神秘的インスピレーションを受けたと言われている。

 更に、20世紀初頭ドイツ人探検家テオドール・イリオンは、白人の入国を拒むチベットに極秘潜入し、3年間のチベット探索の後、ドイツに帰国し2冊の著作を出版した。この著作に異常な関心を持ったのが、ヒトラーであり、1934年以降、ナチス政権は毎年チベットに調査団を派遣した。




 ヒトラーに関してはATLASでは過去に「未来を予言していた独裁者!ヒトラーの予」が的中している!?」、「ナチスの超人兵団、ラストバタリオンの復活が信じられている…」や「ヒトラーは自殺していない!?衝撃のCIA報告書が発見された!」などを紹介している。

 ヒトラーは真剣にシャンバラへの”七つの入り口”の一つを探索していたと言われており、ドイツにチベット僧を招いて秘密の儀式を行ったとされている。その証拠にベルリン陥落後、ヒトラーの館では多くのチベット僧の遺体が発見されているのだ。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る