平野ノラの母は超シビア!自分の店には娘の関連商品は一切置かず!?




10月31日に放送された日本テレビ系列の「踊る!さんま御殿」にて平野ノラが母親の澄子さんと一緒に出演した。

アトラスでは過去に平野の母親が娘より美人だと言う記事を掲載した。

今回のテレビ出演でそれが事実であることが判明した。50代にしては肌が綺麗であり、若い頃は相当美人であったことがうかがえるルックスであった。

噂通り、平野の母親はたこ焼き屋を経営しているそうだ。そして平野はそのたこ焼き屋に関しての逸話を番組で語っていた。

あるとき、娘・平野のキャラクターガチャポンが発売されたのだが、母はその器機を店頭に置くことを許してくれなかったそうである。

その理由としては、ガチャポンが1個300円であり、たこ焼きがワンパック300円であることだそうだ。




つまり、営業妨害にあたるというわけだ。たとえ娘といえどもそこはシビアにお付き合いしないといけないと言うのが彼女の持論であるらしい。

それだけではない。

平野に関するチラシさえも店頭に置かしてくれないらしいのだ。他の人からもいろいろ頼んでくるが一切チラシ類は置かないのが彼女のポリシーであり、娘といえども特別扱いするわけにはいかないと言うのが彼女の流儀である。

厳し過ぎると思われようが、その哲学こそが売れっ子芸人平野ノラを作ったのであろう。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『OK! バブリー! ! feat.バブリー美奈子』ジャケット写真より

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る