日中に出現した「白鳥のような形状」の発光体UFO!

ブラジル・ポソスデカルダスにて、つい先日非常に奇妙な形状のUFOが目撃されて話題になっている。

目撃されたのは8月6日、目撃者は日中であってもまだ明るく目立つ、空を横切って移動する2つ星のようなの物体に気づいたという。

2つの発光体は、一定の速度を保って南東から北東の方角へ飛行していき、そのうちの1つは大きく明るいものであった。もう一つは小さいサイズで途中で突然消えたが、大きなものはまだ動いていたという。




そこで、彼は発光体が頭上を通過していくときにカメラを構えてシャッターを切った。だが、そこに捉えられていたのは奇妙な形状の物体であった。画像で見て解る通り、細い首のある白鳥のような形状をしている。

翼や推進機も確認できず飛行機などとは全く違う形状のため、やはりUFOだったのではないかと考えられている。

関連動画
UFO Sightings August 8-9, 2017 – Submissions Compilation

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る