新人時代の和田アキ子をイジメていた先輩歌手は誰だ?ネットで議論が沸騰!

 今や芸能界では女帝として権勢を誇る和田アキ子だが、新人時代には先輩の歌手から様々なイジメを受けたという。

 2017年1月29日に読売テレビで放送された『八方・陣内・陣内の黄金列伝!』や、2008年6月20日にフジテレビ系列で放送された『和田アキ子物語』ではそのいじめの実態が赤裸々に告白されている。




 楽屋にて先輩女性歌手「男がいるから着替えられない」とイヤミを言われたり、自分の白い靴に黒いマジックで「男女」「男の子は 出ていけ」とラクガキされたこともあったという。

 その先輩歌手の正体に関しては、和田アキ子本人は口を閉ざしており、氏名は特定されていないが、現在ネットではA・M、O・T、S・Kなどが正体ではないか、と推測されている。

 逆に先輩女性歌手からイジメられていた和田アキ子をかばったのが、いしだあゆみや中尾三江だったらしい。

(小山田まゆみ ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像は『リズム&ブルースの女王』ジャケット写真より




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る