11月10日は名優が亡くなる日、大物がまた逝ってしまうのか?

2010年11月10日、日本を代表する名優・高倉健が亡くなったが、実はこの日は過去に多くの名優が亡くなっている。

だからだろうか、今年もこの日に大物俳優が亡くなるのではないかと、業界では噂されている。

1965年11月10日には、現在の海老蔵の祖父にあたり、花の海老さまと呼ばれた”十一代目市川團十郎”が亡くなっている。

1974年11月10日には、戦前の人気俳優で、唐津藩主の末裔でありバカ殿を演じ後の志村けんに影響を与えた”小笠原 章二郎”が亡くなっている。




2009年11月10日には、”森繁久彌”が亡くなっている。

2012年11月10日には、”森光子”が亡くなっている。

2014年11月10日には、”高倉健”が亡くなっている。

しかも1977年に国民栄誉賞が設定されてからは、森重久彌、森光子と受賞した歴史に残る名優が逝っているのだ。

今年は無事に乗り切ってもらいたい。

すぐれいち恭介






関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る