羨ましすぎる!山本耕史の幸せは『花より男子』のジンクスが影響!?

 2月28日をもって芸能界引退を発表した女優の堀北真希。マスコミへFAXでは「現在私は母になり、愛する家族と幸せな日々を送っています。このあたたかで、かけがえのない幸せを全力で守っていきたいと思います。」と綴っており子育てに専念する見通しだ。

 堀北の夫は俳優の山本耕史で現在インターネットには「山本耕史、許せない!」「呪ってやる!」と堀北ファンの痛ましい嫉妬と絶望の声が今も書き込まれている状況であるが、今更外野が騒いだところでどうにもならないだろう。




 さて、堀北を一人の女性として幸せにした稀代のハッピーボーイ山本だが、実は彼には「幸せになる法則」が実は20年前から既に成立していたのではないかと密かに噂されている。

 それは漫画『花より男子』の登場人物、花沢類のジンクスであるという。

『花より男子』は『マーガレット』(集英社)で1992年から2004年まで12年も連載された少女漫画で2005年と2007年にはドラマ版がヒット。後年、映画版も制作された。
 花沢類は劇中では学園きっての美形キャラとして登場するのだが、実は山本はドラマ版から遡ること10年前の1996年テレビアニメ版の『花より男子』で声優として1年間、花沢類を演じているのである。

 花沢類は代々、声だけではなくルックスもイケメンを揃えたかったのか、1993年発売されたのCDブックではなんと元SMAPの木村拓哉が声を担当。さらには1995年の実写劇場版第1作では藤木直人が2005年と2007年に放送されたドラマ版では小栗旬が花沢類を演じている。

 木村と妻の工藤静香との間には2子に恵まれており、藤木と一般人の妻との間に3人の子供がいるほか、小栗も妻である山田優との間に2子を授かっている。

 このように歴代、花沢類を演じた俳優は総じて幸せな結婚生活を送っており、ルックスや見た目以上に、大人の男性として父親としてイケメンになる傾向が強いと思われる。




 そのため、堀北を幸せにした山本は配偶者、父親として最高の運気を所有している可能性が高く、堀北も安心して子育てに専念できること思われる。

 引退となったのは非常に残念だが、稀代のイケメンジンクスの前では堀北真希ファンも諦めるしかなさそうだ・・・。

(安坂由美彦 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像は『花より男子 VOL.3 [DVD]』パッケージより

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る