『ぶっちゃけ寺』突然の打ち切り!僧侶のスキャンダル発覚!?爆笑問題ラジオに注目!

 2月13日に放送された『ぶっちゃけ寺&Qさま!! ~豪華2本立て3時間スペシャル~」にてテレビ朝日の人気番組『ぶっちゃけ寺』のレギュラー放送が終了した。

 『ぶっちゃけ寺』の放送終了については事前の告知や予告はなく、ナレーションで「『ぶっちゃけ寺』ですが、実は今夜でお別れとなります」とアナウンスがあったのみだった。
 ニュースメディアの日刊サイゾーでは2月2日に「ぶっちゃけ寺が3月に打ち切られるのではないか?」という記事が掲載されていたが、実際には2月の中盤に突然の打ち切りとなった。
 
ウラナ

近年では希な急すぎる打ち切りと改編期でもない2月中での終了ということで、インターネットではさまざまな憶測を呼んでいる。
 まず噂になっているのは、特集された寺院に何かのスキャンダルが発覚し「大きなトラブルおよび非難を避けるために番組を打ち切った」のではないか、という説である。

 実際、2016年6月には天台宗総本山・比叡山で暴力事件発生。布施追加請求問題などの疑惑もあり天台宗に疑惑の目が向けられていたほか、同年11月には東京都多摩郡の某寺院での体験修行中男子への暴行事件などが発覚し、皮肉にも『ぶっちゃけ寺』の人気上昇とともに全国での寺院トラブルが多く報道されてしまった。




 現在、『ぶっちゃけ寺』側からは放送打ち切りの理由などは明かされていないが、明けて2月14日深夜にはTBSラジオで『ぶっちゃけ寺』MCの爆笑問題による『爆笑問題カーボーイ』が放送される。
 爆笑問題の芸風からして、この問題がギャグにできる要素があればラジオの放送中に何かの言及があるかもしれない。また、逆に一切触れられないのであれば何らかのトラブルが発生したという噂は真実の可能性が高くなると思われる。

(パンダ・レッサーパン・ダグラフ ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

※画像©写真素材足成




関連記事

最近の投稿


ページ上部へ戻る