「俺はキムタクだ!」SMAPメンバー名乗る詐欺メール全国で相次ぐ

年内をもって解散が決定しているSMAPを騙る迷惑メールが現在、ありとあらゆるメールアドレスに送られているという。

これまでも木村拓哉、中居正広など特定のSMAPメンバーを名乗る詐欺メールはいくらでもあったが今回の解散ではさらに複雑化しているという。

特に最近の手口ではメール相手に「実は解散をしたくない」「一番悲しんでいるのは慎吾だ」などと、解散を口実にして特定のサイトを紹介する手口が多いそうである。




これら悪質業者はSMAPメンバーは元より、嵐やKinKi Kidsといったジャニーズの後輩を騙ったり、はたまた明石家さんま、笑福亭鶴瓶、タモリといったSMAPと交流の深い大物が「解散を阻止するため力を貸して欲しい」とカンパを募るバージョンも登場しているという。

この手のチェーンメールはやり口が古いため被害者も減少しているが、なかには善意のためから引っかかる人も少なからずいるために、引き続き注意が必要だろう。

(ミッチェル横山 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る