人も犬も知らないうちにビッグフットとの接近遭遇が自動で撮影されていた!

世界中で使用されているウェアラブルカメラ、Gopro。野外を中心としたアクティビティの際に着用すると、臨場感のある映像を撮影することが出来るため、プロからアマチュアまで幅広い層に使用されている。GoProを用いて撮影した動画をYoutubeなどで公開している人も多い。面白い所では、小型かつ高い耐久性を有している点を利用し、飼い犬や飼い猫に付けて一日の行動を録画してみる、という試みもなされているようだ。

今回紹介するものも、飼い犬にGoProを付けて撮影してみた飼い主のものである。撮影者は愛犬の首輪にGoProを設置し、一緒にオレゴン州の森の中を散策していたのだが、帰宅してカメラを確認してみたところ、異様なものが写っていたので驚いた。記事の写真は、その動画のキャプチャである。




撮影者の愛犬の後頭部が大きく写っているが、その前方に、森の中へ入っていこうとする黒い謎の人影が存在しているのだ。人間にしてはやたら黒く、服なども解らない。そのため、この人影はアメリカの森や山岳地帯に現れるという獣人型UMAビッグフットではないかとする声が挙がっている。

なお、撮影者は愛犬と一緒に行動していたとのことだが、前方に人が歩いていたり、ましてやビッグフットらしきものがいたことには全く気が付かなかったという。しかし、写真を見る限り謎の人影は撮影者らの前を横切って森の中へ消えていったように見える。




ビッグフットは野生動物に近い存在なので、人間に悟られないほどに気配を隠すことができたのだろうか。しかし、一緒にいた愛犬も、威嚇したり吠えるような様子は無かったという。と言うことは、犬にも悟られないほど気配を絶つのが上手いのか、それとも完全に人や動物の目に見えないよう、透明になることが可能なのだろうか。

この画像は新たなビッグフットを捉えた貴重なものとして、海外のUMA研究家の間で注目を集めているようだ。

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

※写真はYOUTUBEからのキャプチャ

関連動画
GOPRO DOG CAPTURES BIGFOOT ON CAMERA

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る