加護亜依、話題にならず?五輪&榮倉奈々に完全に食われた不幸

8月8日、歌手の加護亜依が美容関係の会社経営者の男性と再婚した。

お相手は38歳で加護は現在28歳で10歳差婚となる。昨年8月4日の離婚騒動からちょうど一年。加護は新たなパートナーと新しい人生を歩む。




かつて国民的人気を誇った加護亜依だが、最近の芸能活動は「不調」と言われており、マスコミから報道されることも少なくなったという。そのための結婚報道と思われるが蓋を開けてみると8月7日は天皇陛下のお気持ちを述べる緊急放送が行われたほか、オリンピック報道、さらに榮倉奈々と賀来賢人の結婚報道が重なってしまい、大々的に報じられることなく初日を過ぎてしまった。

現在、加護亜依の公式Twitterおよびブログには祝福のメッセージが届いているが、なかには加護がマスコミへ送った直筆FAXが誤字だらけ(「入籍」「報告」の漢字の書き間違い)だったことについてツッコミを入れられているなど、踏んだり蹴ったりという印象になってしまった。

現在、加護は離婚とほぼ同じ時期2015年8月に所属事務所を退社。2016年に元競輪選手・中野浩一氏の妻でタレントのNAOMIが代表を務める事務所「アルカンシェル」に移籍するなど流浪とも言える芸能生活を送っておりファンからの心配が絶えなく、今回の結婚がひとつの起爆剤となり注目を集める予定とされていたが、その目論見も消えた。

もともとトラブルメーカーとして有名だった加護だが、今回についてはタイミングが非常に悪く「さすがにかわいそう」との声も相次いでいる。果たして加護亜依の完全復活は有り得るか?

(江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

加護亜依





関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る