これぞ未確認飛行物体!?東北地方で正体不明の「白い物体」目撃!

17日早朝、東北地方にて奇妙な未確認飛行物体の目撃証言が相次いだ。

朝の7時ごろから仙台市を中心に「白い物体が浮かんでいる」という報告がTwitterをはじめとするSNSで発信され、福島県や山形県など東北地方の広い範囲で同様の物体の報告が寄せられた。飛行している、というよりは平行移動しながらゆっくりと上昇していっており、昼前には見えなくなった。

報告者の中には天体望遠鏡で観察したり、望遠レンズで撮影した人物もいて、拡大してみると白く丸い球体の下に紐で十字型の物体が吊り下げられているような形状をしていたという。そのため、早々に「気球ではないか」という推測が出てきていたあったようだ。




そのなかでも一番ありうる説としてあげられたのが、気象庁のラジオゾンデ観測(高層気象観測)用の気球であるといものである。しかし、メディア他が気象台に問い合わせて確認した所、仙台での高層気象観測は10年以上前に廃止されていて、気象台の観測気球でないという回答が得られた。

また、形状から南極で用いられるエアロゾル観測装置ではないかという仮説も出てきた。この気球の場合、大きな白いバルーンの下に無人航空機(UAV)が設置されており、プロペラによって進行方向を決めることができる。しかし、問題の白い物体の場合、拡大してみると太陽光パネルがついた物体のように見えるため、エアロゾル観測装置のUAVとはまた違う形状のように見える。




軍事的な用途のものかとも思われたが、自衛隊に問い合わせても同様の物体を打ち上げていないという。他にも県や大学、警察や空港など様々な所に問い合わせたものの、17日夕方時点ではどこが上げたものかは不明のまま。正体も解らずじまいだという。

果たしてこの物体の正体は何なのか。文字通りのUFO(未確認飛行物体)の正体が明らかになる日は来るのだろうか。

関連動画
6/17放送 【続報】宮城県上空に謎の物体 警察や自衛隊も分からず

https://www.youtube.com/watch?v=jtXjBg6q0M8

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©KHB東日本放送 YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る