ピアノの先生から送られてきた、とても強い念

投稿 とよちゃん

敏太郎先生、タートルカンパニーの皆さん、おはようございます。とよちゃんです。

相手の考えている事が、黙っていてもパンと分かってしまうという経験は、誰にでも多少はあるかと思いますが、そんな念を、風圧みたいに体当りに受けてしまい、飛びあがる程ビックリした事があります。

家から歩いて10分位の所へ、大人のピアノを習いに通っていた時の事です。いつものレッスン時間に行くと、ドアもカーテンも閉まっているのです。何か変更になったに違いないと、とりあえず帰りました。

家に着くと、丁度電話が鳴っていて、取ると、ピアノの先生(A先生とします) の声でした。「交通事故に巻き込まれ、渋滞してしまったの。もうすぐレッスン場に着くから、今から来て」と慌てていました。

私は納得し、また、家を出て、歩いて行きました。あと100m位でレッスン場という場所を歩いていた時です。




いきなり、私の右側から、ドカンと、直径数十センチくらいの風圧みたいな圧力がぶつかってきて、その勢いで左にクラッとよろけてしまいました。側溝に落ちかけた程、クラクラと横歩きしたくらいでした。

ビックリして立ち止まり、「何なの?」と唖然としました。

その圧力は、A先生からの念で、「早く来なさいよ!」という念でした。私のレッスンがずれると、その後の生徒さんのレッスンもどんどんズレて困るからと、かなり焦っていたようです。

A先生は、日頃から何かと思い込みの強い先生でした。いままでで、一番、強烈に体当りしてきた念でした。

最後までお読み頂き、有難うございました。

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©すしぱく ぱくたそ

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る