割礼された前世の記憶がある 

投稿  コロルさん 

敏太郎先生、こんにちは。気が滅入り、不安になるこの頃ですが、敏太郎先生が少しでも笑顔とリラックスとかわいいワンコたちと面白いこと、美味しいものに囲まれて過ごせますよう祈っています・・・。

先日の紅月水晶さんの前世のお話し、とても面白かったです。

前世のお話しだけなら「ふーんそうなのかぁ」だけになるところが、敏太郎先生による歴史的事実の裏付解説とすり合わせながら話が進んで行くところが、とてもゾクゾクわくわくしました!勉強にもなるし、紅月さんの前世のエピソードが詳細で、いわば、平安時代の当事者による証言といった感じで、リアルですごいなぁと思いました。




また、話に出てきた、平安時代の呪術士の話、また「こどく」の話、初めて聞く話ばかりで、現代とは違いすぎる人権や動物愛護の価値観の違いにショックを受けました。

私も刺激を受けて、自分のなかにある前世のことをメールしたくなりました。

前世の記憶と感じることはチラホラ散らばってるんですが、特に印象的なものがあります。私は今は女性ですが
はるか昔、男性器を持っていた記憶があって、そして大人の手によって皮を切られた痛みのみを強烈に覚えているんです。




たぶんペニスの包皮を切る「割礼」をされたのだと思います。割礼について調べたら、衛生的な意味と、宗教的な意味があるそうであと地域を調べたら、割礼をおこなっていた、または現在も行っている民族はアフリカ大陸からユダヤ人までとても世界幅広くて私のその記憶が、どの国で、どの時代とか、まったくわからないんですが・・・。

鋭い痛みで、とっても痛かったです。いつでも思い出せます。

ユダヤ人の方や文字、ユダヤ教のアイテムにものすごく親近感を感じた時期があったので、ユダヤ人の時に男性器の皮を切られたのかなあ、なんて想像しています。

ではまた失礼いたします。

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Josh Mason-Barkin PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る