ご先祖様の因縁について

投稿 りのさん

今から話す体験談は、私が16才目前にあった体験談です。かれこれ30年近く前の話。

あるデパートに出張鑑定のように、占い師が期間限定でブースを出していました。当時、両親の事で悩んでいた私は、占いで何か分かるのでは?と思い、見てもらう事に。

姓名判断と手相を見るとあったので、私の名前と生年月日を書きました。名前の横に左右に数字を書いて、線を引き始めました。私の名前の上に3つ線が引かれ、バツが書かれた状態です。




先生は何か言いにくそうにしながら説明をされたのですが、名前にバツが付いているのは因縁で縛られている証拠なんだとか。ちょっと身体が弱く、短命だったり病気がちになる。生きているのが不思議な運勢らしいです。

でもその反面、ご先祖様の守りが強いんだとか。

私は「両親の仲が悪いので、離婚させたい」と話したら、私自身が「これだけ因縁が絡み付いているから無理。出来たとしても、あなたも母も生きてない。それだけ難しい」と言われました。そして「お母さんも良かったら詳しく見るよ」と言われ、私は結果が結果だけに言って良いのか悩みましたが、母に話すと「私も見てもらいたい」と言い、後日行きました。

私が見てもらった時は男性だけでしたが、母の時は女性も居て二人でした。母が私の事を話し見てもらいましたが、やはり離婚は無理だと言われたのです。

ですが、母は頑として「離婚する」と先生に言うと、「娘さんも生きられない状況になるから」と二人で言い合いになり、先生から「離婚出来たら、占い師を辞める。それだけの自信がある。」と言われたのです。

そして、「また私に来るように伝えて欲しい」と先生から言付けを受け、なんの用なのか疑いながら行くと、なんと私の誕生日プレゼントを用意して下さったのです。

これがきっかけで、母と私は先生達との付き合いが始まりました。




後から知った事ですが、初めて私が見てもらった後に女性の先生が帰って来て、男性の先生があまりにも私が不憫だと泣いていたんだそうです。私1人で両親の因縁を背負っていたからです。ついでに弟も見てもらったのですが、因縁は軽かったようでした。

あまり深く考えていませんでしたが、私の生い立ちが聞いてて辛かったらしく、せめてもの想いでプレゼントを用意されたようでした。そして、女性の先生が嫉妬するくらいに、私の事を実の娘のように可愛がってくれたのです。

そこから様々な事があり、この先生達との付き合いは無くなり、インタビューで話した、いとこ達の成人祝いに出る事となったのです。

そして母が手術して入院中、出会う訳もない場所で男性の先生に会ったのですが、お互いに会釈しただけですれ違いました。突然の事だったので後になって、『私達の状況を話せば良かった‥‥‥‥‥先生はどうしてるのか聞けば良かった‥‥‥‥‥』と深く後悔しました。

日常に追われて、先生に言われていた因縁について忘れていたのです。なので、Kさんから負のエネルギーが凄いと言われ、この出来事を急に思い出し、納得したのでした。

ところが、またしてもこの事を忘れていたのですが、ハッキリと知る出来事がありました。(続く)

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©himawariin photo AC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る