エイリアンチルドレンか?アメリカで人気の都市伝説 Black Eyed Kids(BEKs) 黒い目の子供たち

「エイリアンチルドレンか?」「吸血鬼か」「カラーコンタクトを使った悪質な悪戯か?」

今、アメリカで大人気の都市伝説が『Black Eyed Kids(BEKs) 』=(黒い目の子供たち)である。

彼らは目玉の白い部分も真っ黒で、一見普通の10代に見えるが、家の中に入りたがったり、車で送ってほしいとせがむのが特徴で、拒否されるとぶちきれることもあるという。複数で行動するのが特徴で、目撃者が頻発しているらしい。

Black Eyed Kids(BEKs)の初の目撃事例は、1998年にジャーナリストのブライアン・ベテルが駐車場で目玉の黒い二人の子供に遭遇した事件である。

黒い目玉の子供たちは、車で家まで送ってくれと頼んできたが、一種異様なムードを察知したベテル氏が拒否すると、強引に車のドアを開けようとしたらしい。

2008年には、カンザス州・ハッチンソンにて、ケイティーという女性が仕事から自宅に帰宅したときにティーンエイジャーの二人の少年に遭遇した。

この少年たちは何ヶ月も前から、付近で姿を目撃されており、不気味に思ったケイティーは、道路を横断するとすぐに玄関に入ろうとしたが、自分の敷地に何故入ったのかと少年たちに訪ねたところ「電話を貸して欲しかった」と答えた。「電話は持っていない」と彼女が答えると、少年たちは今度は「水が欲しい」と言ってきた。

この時、彼女は少年たちの目に白い部分がなく、全てが黒いことに気がついたという。

New Black Eyed Children Evidence





 


関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る