ブラジル人工湖に未知のウィルス出現!?新種の「ヤラウイルス」って

ブラジルにおいて、これまでまったく知られていないゲノム構造を持つ奇妙な新型病原体が特定されたと専門家からの発表があった。

ブラジルの都市ベロオリゾンテ内の人工湖で発見されたこの新型の病原体は、現地の神話に登場する水の神にちなんでヤラウイルス・ブラジリエンシスと名付けられた。

土壌に存在するアメーバ型原生生物「アカントアメーバ属」の一種で、遺伝子情報の9割以上が未知のものであり、構造も既知のものとは異なっているという。




既知のウイルスのほとんどは共通の進化グループにあたり、アカントアメーバ属のウィルスはタンパク質合成機能やDNAの修復・複製ができるなどの特色を持ち複雑な遺伝子を保有した巨大ウィルスに該当する。しかし、今回発見されたヤラウイルスの保有する74の遺伝子のうち、データベースに登録されているものと類似したものはわずか6しかなく、既知のゲノムと比較しても密接な関連性がみられるウィルスゲノムは発見できなかったという。

これらの研究結果から、ヤラウイルスはまったく新しいウイルスのグループに属する可能性があると推測されているが、ヤラウイルスの起源を確定するには、さらなる研究が必要だという。現状ではアカントアメーバ属で初の分離ウィルスである可能性か、進化の過程で縮小した巨大ウィルスである可能性が高いと考えられている。




「ヤラウイルスを構成する未知のゲノムの量は、ウイルスの世界に存在する変動性と、ゲノムの潜在的な可能性を反映している」と研究者は述べている。

新種のウィルスの発見は珍しいことではない。地球上にはまだまだ多様なウィルスが知られずに存在しているのではないか、と研究者らは見ているようだ。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©LhcCoutinho PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る