妊婦さんが注意すべきアロマについて

投稿   匿名希望さん

動画のコメント欄にご指摘の通り、妊婦さんが精油を使用される際は注意が必要です。(情報をお送りする際、妊婦さんのことが思い浮かびませんでした。申し訳ありません)

諸説あります。ご参照いただきたく存じます。
次へ(わたしが学んだ(公社) 日本アロマ環境協会 AEAJ)の、安全にアロマテラピーを楽しむための注意点
https://www.aromakankyo.or.jp/basics/safety/




次へ精油の禁忌事項
https://www.timeless-edition.com/archives/2406

次へ妊娠中のアロマセラピー この5つのポイントを守れば安心
https://www.timeless-edition.com/archives/3504

↑ のサイトによると・・・『妊娠中にも使えるおすすめ精油 それでは一体どの精油はいいのか?お好みや体調があるので、これから紹介する中でも人によっては合わない場合もあるので注意が必要ですが、一般的に妊娠中の禁忌が知られていないものを紹介します。芳香浴程度でしたら、他の精油も使用可能です。グレープフルーツ、ティートリー、ネロリ、ベルガモット、ユーカリ、ラベンダー、レモン、ローズウッド』

※ ただし、↑ のベルガモット、グレープフルーツ、レモンなどのかんきつ系には光毒性がありますので、マスクでの使用はNGです。

●光毒性について
精油成分の一部には、日光などの強い紫外線に反応することによって、皮膚に炎症を起こすなどの毒性を示すものがあり、これを光毒性と呼んでいます。光毒性をもつ可能性のある精油を日中に使用する場合は注意が必要です。

<光毒性に注意が必要な精油の例>
グレープフルーツ、ベルガモット、レモンなど

そして・・・次へ薄めず使えるのはラベンダーとティーツリーだけ!? 




意外と知らないオイルの危険な使い方
https://woman.mynavi.jp/article/131003-067/

いろいろ注意しなければならないので面倒ですが、「ロックフェラーやロスチャイルドは医薬品を一切使わない説」もありますし。
https://blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/6fe37655551eeee13a89bb065c3e6c2b

(治ると言っていけませんが)わたしは効果を実感しています。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©mitchf1 PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る