創作物に見る予言!荒木飛呂彦、水木しげるは予言者だった。(後編)





さらに、9・11の同時多発テロについても、同じようなことが起きている。

2001年、ニューヨークテロが起こる前に制作されたデンゼル・ワシントン主演の映画「マーシャル・ロー」は、ニューヨークでアラブ系テロリストによる連続テロ事件が発生することから始まる。

相次ぐテロの中、ニューヨーク市民は混乱し、アラブ系市民へ偏見の目が向けられ、政府内部ではCIA、FBI、軍隊が対立し、機能が停滞してしまう。そして、ついにアメリカ史上初の戒厳令(マーシャル・ロー)が発令されるというストーリーだった。まさに、ニューヨークテロを想定したような映画ではないか。

また、9・11テロを、歌で予言していたシンガーがいる。その人物は、グアテマラの歌手・リカルド・アルホナだ。アルホナは、メッセージ性の強い歌詞で知られた社会派のミュージシャンだが、2001年1月に発売した『ガレリーア・カリーベ』というアルバムに、ニューヨークテロを暗示する内容の歌詞が含まれた曲「メシアス」が収録されていた。

それはこんな歌詞だ。

「救世主がニューヨークに生まれた。防弾装備をした車に乗っている。ローマ法王も退職させられるのを恐れている。クリスチャン・ディオールを着て、ヒゲも剃っている、そうして流行に合わせる。ユダヤ人はついに来たという。マンハッタンにペントハウスを持っている、パリにもアパートを持っている。ハーバード大学の学士のタイトルを持ち、女優とのロマンスもある。ビル・ゲイツとも一緒に酒を飲む、ジャスを聴くのも好きだ。ウオールストリートに投資する、教会にも投資する。セントラルパークでジョギングする。チャイナタウンで少林寺拳法を学ぶ。誰も日にちを知らないが、攻撃を計画している。武装したイスラエルの護衛、常に45口径を持っている。前に来たことがある。そして再び帰ってくると誓った。判らないように手を手術した。天からの使者はマンハッタンにいる。今回は違うやり方をする、違うやり方をする。日本とアフガニスタンにパートナーを持っている。毎日、神とインターネットを使って連絡する。この世を変えると言ったので敵がいる。CNNをすでに買って自分の話していることを放送している。ベールを取り払い、目を開け、地球全体がパニック状態になる。教会は悪魔だという。ペンタゴンはテロリストだという。カミソリのようなきわどさ、彼が来た男だ。ビッグアップルで権力者が死んだ。ニューヨークタイムズの一面に載る。雲が太陽をさえぎる。」(原文ママ)

彼はこの歌詞についてFBIの取調べを受け、多くのマスコミから追いかけられたそうだ。しかも、この曲のタイトル「メシアス」は、救世主という意味であるという。これは偶然から生まれた都市伝説なのか、それとも彼は未来からのメッセージを予知していたのか。

学術予想の分野かもしれないが、インドの宗教学者・マハリシが1999年4月、『ウォール・ストリート・ジャーナル』等の誌上にて、NATO軍によるユーゴスラビア空爆に苦言を呈するコメントを掲載したが、その中で、「米国のワシントンDCに、爆弾が落とされ、ニューヨークのウオール街の高層ビルが爆破される事を、誰が想像することができるでしょうか」という表現があり、これも9・11の予言が的中したとされた。

他にも作家トム・クランシーの小説「日米開戦」「合衆国崩壊」は、民間航空機による神風アタックの描写があり、テロ直後からその奇妙な類似性が指摘されている。

一番不気味なのは「ジョジョの奇妙な冒険・20巻」の中に9・11の事を予言しているシーンがあるというものだ。

ジャンプコミックス20巻収録「クヌム神のオインゴ トト神のボインゴ」では、予知能力を持つスタンド「トト神」が出てくる。この中で電柱に突き刺さって死んでいる男の服には『911』の文字がある。これがテロの日付けを表し、その背後には飛行機とイスラムのシンボルである月が描かれている。男の死亡時間10時30分は、貿易センタービル北棟の崩壊時刻に一致する。

これに関して、GYAOで中川翔子が荒木飛呂彦にインタビューしているが、驚くべきことに、荒木氏は指摘されるまで予言の的中に気がつかず、またこの場面を書いた記憶も定かでないことを明らかにした。

やはり、作家や漫画家は、神の見えざる手によって操られ、未来を予言してしまうことがあるのだろうか。

山口敏太郎





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る