雲海の間から覗く謎の巨大生物!?チベットで撮影された「龍」の正体とは?

アジアにおいて、古来よりは聖獣であり、畏怖すべき魔獣でもあった・・・。中国では皇帝の象徴となり、日本では瑞獣や龍神として崇められてきた・・・。今でも龍は多くの地域で縁起の良い存在として崇められている。

そんな龍の姿を捉えた!?とする写真が存在する。




2004年6月22日に事件は起こった。チベットから中国まで帰国する途中の乗客が、飛行機の窓から外の外に広がる雲海を撮影した所、隅に不思議なものが写っていたのだ。

よく見ると、雲の合間に長い蛇の体のようなものがうねるようにして存在している事がわかる。その体には、はっきりうろこのようなものが確認できる。 果たして、これはヒマラヤ上空を飛行するドラゴン=龍なのだろうか。チベットでも龍は神聖な存在と考えられており、雷鳴は龍の鳴き声であると信じられていた。今回の龍も雲の合間から背中を覗かせているため、雷と関連のあるチベットの龍との関係性も伺える。

なお、これによく似た事例は心霊写真でも報告されている。「蛇の霊が写り込んだ」等と言われるもので、画面に白い蛇の体に似た白く半透明の物体が写り込むものだ。これはカメラの紐がレンズの前に存在したときに生じるもので、紐の位置がかなり手前にあるためピントが合わず、白い半透明の物体として写り込んでしまう現象だ。しかし、今回の写真に写り込んだ龍はよく見ると雲と重なり合っている事が解るため、紐が写り込んだものではないように思われる。

龍の体に見える部分を拡大して確認してみると、秋の空に浮かぶ鱗雲とすじ雲の特徴が見えるため、偶然が産んだ自然の造形だったのではないかとする説も存在している。

だが、今回の写真よりももっと龍のような物体の姿は日本や世界で撮影されており、中にはより生物的に見えるものの姿を捉えた動画等も存在している。
蛇の姿をした神の伝説は世界中に存在している。もしかすると、昔の人々は本当に空を駆ける龍のような生物を目撃していたのかもしれない。

(加藤文規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)






関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る