【検索注意】可愛いおもちゃに隠された恐怖!「イービル・スティック」


2014年頃、日本のインターネットで話題になったアメリカのおもちゃに「イービル・スティック」という商品がある。

「イービル・スティック(Evil Stick)」とは直訳すると「邪悪な杖」のことで、見た目こそかわいい杖(魔法少女が使うようなマジックワンドによく似ている)だが、アルミのシールを剥がすと、子供が見れば思わず泣き叫ぶような悍ましい写真が張り付けてあるおもちゃの事である。



このイービル・スティックはアメリカ国内で多数存在する「ダラーストア」と呼ばれる、日本の100円ショップにあたるディスカウントストアに置いてあることが多く、何も知らずに買ってしまった子供がスティックに貼られた怖い写真を見て泣き出してしまうという事件が相次いだ。

メーカー側の説明によると、「イービル・スティックはあくまでジョークグッズのひとつである」と説明しているが、仕込まれた写真は、悪魔のような顔の少女が包丁で自分の腕を切ろうとしているという恐ろしいもので、アメリカでは「さすがにコレはジョークグッズの域を超えている」と大クレームとなったようだ。

さて、このイービル・スティックが日本で高い知名度を得た要因には、商品パッケージに使われたキャラクターが日本製だったということもある。




そのイービル・スティックに使われたキャラクターとは、日本の人気少女漫画『カードキャプターさくら』の「木之本桜」で、もちろん著作権者に許可を得ずに無断使用されたものだった。この『カードキャプターさくら』と、恐怖の写真の組み合わせが『さくら』の生まれた国である日本でも逆輸入され、話題になったのだ。

繰り返すが、イービル・スティックに使われた写真は「悪魔の顔をした少女が自分の腕を包丁で切ろうとしている」という写真であり、大人でも強いショックを受けてしまうほどインパクトが強い。『カードキャプターさくら』ファンの方は検索しないよう特に注意してほしい。

関連動画(閲覧“要”注意)
Evil Stick Wand Toy for Toddlers Reveals Picture of Young Girl Cutting Her Wrists With Knife

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像&動画©KZR News YOUTUBE


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る