現代妖怪「尻切れ馬」、太鼓の音でやってくる





これもまたネットで広がった現代の妖怪である。山口敏太郎的解釈も踏まえていた解説してみたい。

その名前の通りこの妖怪は、お尻から後ろがない姿をしている。つまり、上半身だけの姿をしている。馬の妖怪と言えば、伝説などでよく語られる存在として「夜行さん」が乗っている「首切れ馬」〔=首なし馬〕が連想されるが、これはその逆パターンである。

形状が逆パターンの妖怪と言えば、首が人間で体が牛の「くだん」と首が牛で体が人間の「牛女」と同じである。どちらも家畜がベースになっているのが興味深い。




この「尻切れ馬」は、夜間に太鼓の音とともに現れるらしい。出てきても見つめるだけで害を加える事はないが、見た者は神社でのお祓いを勧められるという。

絵馬のルーツにあるように、神社に供えられた供物としての馬がこの妖怪の源流であろう。なお、徳島県には、伝承妖怪としての「尻切れ馬」が伝えられてきる。

関連動画
「尻切れ馬」都市伝説・怖い話・怪談朗読シリーズ





他にも現在アトラスで収集している現代妖怪は次のようなものがある。「足の生えた焚き火」「山坊主」「にょうらいさん」「チブスマ」「「八尺さま」「めかぁ猫」「むしゃくるさま」「口裂け女」「ミカサ」「テンポポ様」「挑戦ババア」「ゴム人間」「コイヌマ様」「笑い女」「包丁さま」「顔野菜」「蓑坊主」「白ん坊」「ヒサル」「朽縄さま」「ムシリ」「とわとわさん」「隙間さん」「人面犬」「のどかみさま」「アカマネ」「ぐにゃぐにゃおばさん」「トイレの花子」「大根さん」「口裂けヨン様」「えんべさん」「ヒギョウさま」「ミヤウチさま「おっぺけ様」「ヒザマ」「福鼠」「やまけらし様」ヤマノケ」「嫌われ虫」「こだまさん」「つくし鬼」「サンコーさん」「さにゃつき」「クロスマさん「ワニ喰いワシ」つちおばけ」「ヒデキ」「アガザル」「三四郎」「カバケ」「アトイさん」「釣れないんだね河童」「つむじさんトランペット小僧」「ゴスロリ天狗」「そうめんばばぁ」「トンカラトン」「青舌」などである。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Manfred Richter PIXABAY


関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る