【都市伝説】新連続ドラマ小説『べっぴんさん』朝ドラ史上最強の番組になる!?





2016年4月11日のの記事にて「新しくスタートしたNHK朝の連続ドラマ『とと姉ちゃん』がヒット確実な理由!!」とし高視聴率を予測した本サイト『ATLAS』だが、セオリー通り4月の放送開始以降、常時20%以上を記録するお化けドラマとなっている。

上記の記事で表記したジンクスは、以下の通りである。

1、タイトルに”ん”がつくとヒットする。
2、タイトルに主人公の名前がつくとヒットする。
3、第一話で主人公が水に落ちるとヒットする。

記事発表時点では「3」の水に落ちるというのが、クリアーできていない状況だった。

しかし、5月に放送されたエピソードの6週目には、とうとう水に落ちるシーンが登場し、これで3項目を解消できたことになる(『とと姉ちゃん』は厳密にはあだ名だが主人公のことを指していると思われるので、クリアーとみなしたい)。

そんな中、2016年秋の連続ドラマ『べっぴんさん』についても上記の項目である「1」はタイトルの時点で果たしており、「2」についてはストーリーはまだ公表されていないため「べっぴんさん」が誰を指しているのかわからないが、ヒロインである芳根京子は「美少女」「かわいい」と評判なので恐らく「2」もクリアできるだろう。

「3」の水に落ちるは、NHKがこのジンクスに気づき必勝祈願のためあえて「水に落とすシーンを作っている」と指摘されており、無理矢理にでも入れ込むことが予測できるのでこれもクリアだろう。ややこじつけではあるが、放送前にすでに3つの項目は果たしており、NHKの本気度がモロに伝わるドラマと言える。




さらにもう一つ、秘密兵器と思われる仕掛けをNHKは行っているようだ。

「ATLAS」では5月27日付の記事で「2016年は「兵庫県出身」女優に何かある!?」という記事を公開したが、今回の舞台はそんな都市伝説を受けてか、なんとなんとの兵庫県である。

兵庫は2004年の朝ドラ『わかば』以来であるが、ここにきて兵庫の運気がアップしているため、全ての運気を秋の「朝ドラ」にぶつけることができるのではないかと思われる。

果たして、NHKが意図したものかは不明だが、3法則プラスワンの法則をすべて朝ドラに集約させる可能性のある『べっぴんさん』は史上最強の朝ドラになる可能性が非常に高い。『とと姉ちゃん』もどこまで視聴率が伸びるか非常に楽しみだが、『べっぴんさん』はさらに楽しみといえるのではなかろうか。期待したい。

(編集部注:上記の記事はすべて都市伝説です)

(横須賀小録 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

NHK朝ドラ
芳根京子





 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る