【発掘】タイムトラベラーの遺物!?中国で400年前の墳墓から時計を発見!





古い時代の遺跡から出土したはずなのに、その当時の技術では再現できないような高度な技術によって作製されていたり、現代のものを参考に造ったとしか思えない造形の遺物が発見される。

これらの出土品等は「場違いな工芸品」こと「オーパーツ(out-of-place artifacts、略してOOPARTS)」と呼ばれる。

この単語は超常現象研究家アイヴァン・サンダーソン氏によって造られた言葉である。オーパーツには様々なものがあり、当時の技術では加工不可なのに存在しているものとしてアステカの「水晶ドクロ」や、インドの「アショカ・ピラー」、飛行機を模しているように見える「コロンビアの黄金ジェット機」、バグダッドの遺跡から発掘された発電可能な土器の壺「バグダッドの電池」などがそうだ。

これらのオーパーツに関しては、古代人が当時の技術で作製したとは思えない、知識を他の何かから与えられたように思われると言うことで、タイムトラベルしてきた現代人や、科学技術を有する宇宙人に指示されて造られたものではないかと言われているのだ。

以前世間を騒がせたものとして、400年前の中国は明王朝の墳墓より出土した「スイス製の時計」というものが存在している。




2008年に中国南部広西チワン族自治区上思県の墳墓にて発掘されたもので、非常に小さいながらも時計の形を精巧に模した指輪が発掘されたのだ。文字盤や針など細部までしっかり作り込まれており、針は午前10時6分を差し、裏面には欧文でスイスの文字が刻まれていたという。

厳密には時計を模した細工を施してあるものなので、ミニチュアの装飾品という方が正しいだろう。しかし、どのように作られたのか、スイスの国名をどうやって彫り込んだのか、謎の多い一品となっている。

中国には、4世紀西晋時代の武将である周処の墓から出土したアルミニウム製の帯止めというオーパーツが存在している。しかし、再調査の結果帯留めは銀製である事が判明。

この墓は近代に盗掘されており、おそらく盗掘者が残したアルミ製の部品が本来の副葬品に交じって検査された結果、当時では加工不可能なアルミ製の帯留めという結果が出てしまう結果になったと見られている。

もしかすると、この明王朝墳墓から出土した時計型指輪も、以前に墓に進入した誰かが落としていった現代のものなのかもしれない。

関連動画
400 YEAR OLD SWISS WATCH FOUND

オーパーツ





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る