【都市伝説】ケンタウロスがいた!?ピエール瀧、釈放時に笑みを浮かべる…





麻薬取締法違反の容疑で逮捕された俳優・ミュージシャンのピエール瀧に、今以下のような都市伝説が囁かれているようだ。

2019年4月4日、瀧は東京湾岸署から保釈され、署の前に集まった関係者・マスコミ、ファンの前で謝罪したのだが、詫びる立場にも関わらず、うっすらと笑みを浮かべていたというのだ。

関連動画
ピエール瀧被告保釈 「ご迷惑と心配かけ・・・」と謝罪(19/04/04)






それはまるで何かを見て笑いを堪えているかのようであり、ネットでは「ピエール瀧。なんか笑っていない?」「不謹慎じゃないか?」とニュース映像を見た人々がSNS上で騒いでいたようだ。

さて、瀧が笑みを浮かべていた理由については不明であるが、一部ではこんな噂も存在する。それは保釈された瀧の目の前に「ケンタウロスが出た」という都市伝説である。

実は瀧自身、電気グルーヴのライブの際には時々、ギリシャ神話に出てくる「ケンタウロス」のコスプレをして登場することがある。そして、どうやら瀧が釈放された時、湾岸署の前にはケンタウロスに扮したファンが数人集まっていたようだ。本来、常人の考えであれば、警察署の前で謝罪するときは笑いなど当然厳禁である。しかし、そのあまりにシュール過ぎる光景を見た瀧は、笑いを堪えることがどうやら出来なかったようなのだ。




実際に瀧の謝罪時には、湾岸署前には多くのファンが集まっていて「ケンタウロスが味方についてるぞ!」と彼に声をかけた人間もいたそうである。

果たして瀧の目の前に「ケンタウロス」はいたのだろうか……。

なお、コカイン使用で逮捕されたピエール瀧に関するアーカイブには、「ピエール瀧逮捕は国策だった!?他に重要マークあり」「電気グルーヴ周辺でドラッグ蔓延!?」「モーリー・ロバートソン、『80年代にコカイン吸った!』」「ピエール瀧の娘が不遇」「瀧の十八番オラフの代役決定!?」「ピエール瀧出演映画の差し替えがまさかの…」「静岡県民、ピエール瀧逮捕に『しょんない!』」「ディズニー激怒」「新井浩文が瀧の逮捕を予言!?」「ピエール瀧逮捕で出演作品関係者が大揉め」などがある。

(江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©Parker_West in PIXABAY


 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る