殴り合い寸前だった「おぼん・こぼん」、次の元号で再ブレイク確実!?





先日、ATLASでも報じた『水曜日のダウンタウン』でのベテラン漫才師「おぼん・こぼん」の解散ドッキリ企画が放送から2日経過した今も大きな話題になっている。

関連記事

視聴者絶句…『水曜日のダウンタウン』老練漫才師、殴り合い寸前大喧嘩!?

この記事内でも紹介したが、おぼん・こぼんのふたりは元々仲が悪く、番組ではあわや解散寸前にまで話が発展。この怒涛の展開は彼らのことをよく知らない若い世代にも大きな衝撃を与えたと見られている。




しかし、このことからか、Twitterでは一時期、「おぼん・こぼん」が話題のトレンドに挙がるなどの功罪もあったようだ。さらに、業界内では今回の「衝撃ドッキリ」をきっかけに、おぼん・こぼんの再ブレイクの可能性があるといわれ始めたようだ。

事実、彼らが出演している浅草の東洋館では、ちょうど放送翌日の2月28日は二人の出演日ということもあり、「本当に仲が悪いのか」「彼らの漫才を一度見てみたい」とする若い世代が東洋館に集結。かなりの客入りとなったようだ。

今後もおぼん・こぼんは東洋館に出演し続けるため、連日、大入りの客入りが予想される。さらに、こぼんは70歳という年齢ではあるが、器用にTwitterやLINEといったSNSを使いこなしていて、こぼんのTwitterのフォロワー数は300人代だったものが、いきなり倍以上の900人代になるなど、放送の反響は今だに続きそうである。






『水曜日のダウンタウン』といえば、かつて安田大サーカスのクロちゃんへのドッキリが「面白い」ということで、毎週のようにネタにしていた。ところが、夜の遊園地にさらし者にして、警察沙汰になって以降、クロちゃん企画は一度も行われていない。

もしかしたら、水曜日のダウンタウンスタッフは今後、「ポストクロちゃん」として「おぼん・こぼん」の大抜擢を考えているのでは……とも噂されており、今後の展開に目が離せなさそうだ。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

イメージ画像©写真素材足成


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る