新型の四角形UFO、昼間のアメリカ上空に出現!

本アトラスでは昨年、アメリカを中心に目撃され始めている「謎の四角形UFO」について報告させていただいた。

関連記事

新型の空飛ぶ円盤が出現!?フロリダ上空に姿を現した「黒い四角UFO」






ガラスに映った影である可能性もあったが、やはり新型UFOだったのか、今年になっても同様の四角形UFOが目撃され、動画に収められるという事態が起きた。

問題のUFOは1月29日にアメリカはジョージア州のConyersという町の上空に出現したという。動画では晴れた空をゆっくりと水平移動する、黒い長方形の謎の飛行物体の様子が捉えられている。物体にズームしてみても、ロゴなどの目立つ特徴や、翼やライトなどの飛行機にありがちな点は確認できないようだ。撮影者は「まるでブロックのようだ」と述べている。

関連動画
Black Square UFO Seen Over Conyers, Georgia on Jan 30, 2019, MUFON Report #98202 UFO Sighting News.






果たして、この物体は何なのか。海外のUFO研究家スコット・ワーリング氏は背景と比較し、「ボーイング727と同じくらいの大きさはあるように思われる」と語っている。視聴者からも「UFOというよりも魔法のじゅうたんのようだ」という感想が出てきている。

一説には反重力装置で浮かんでいる、アメリカ軍の秘密兵器ではないかとする説も出てきている。だとすると、そろそろ秘密兵器がベールを脱ぐということなのかもしれない?

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Scott Waring / YouTube





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る