笑福亭松之助師匠死去【都市伝説】にわかに…明石家さんま落語界復帰待望論





2019年2月22日、「明石家さんまの師匠」としても知られた、落語家の笑福亭松之助が亡くなった。93歳だった。

松之助師匠は1948年に5代目笑福亭松鶴に入門。以来、古典落語を中心に新作落語、吉本新喜劇の座員、ドラマや映画に出演する喜劇役者など多岐に渡って活躍した。

さんまは1974年に松之助師匠に入門。当初は「笑福亭さんま」を名乗っていたが、漫談家へ転向にするために松之助師匠の本名である明石徳三からもらい受けて「明石家さんま」に改名し、現在に至っている。




さんまによる松之助師匠への尊敬度は極めて高いことで知られ、売れっ子芸人になっても落語家としての師弟関係は続き、ふたりが共演する際はさんまが常に先に楽屋入りし、松之助師匠の楽屋入口で直立不動のまま待つ姿があったという。

それだけに今回の松之助師匠の訃報に、さんまは顔には出さないまでも、強いショックを受けているのではないかと容易に想像できる。

また今回の訃報の中、噂されてるのが「明石家さんまの落語家復帰」という大きな話題である。




さんまは漫談家に転向してからは、今まで落語の口演は一度も行っていない。また、落語家であった期間も短かったことから音源や映像などの公式で見られる物は一切残っていない。しかしながら、さんまが松之助師匠から教えを請うた落語の本数は7本と意外に多く、さんま自身も「師匠から教わった噺を忘れるわけにはいかない」「7本のうち5本は今でもできる」とテレビで語ったことがあり、今でも稽古を続けているようなのだ。

そのため、一部では「松之助師匠への感謝の気持ちを込めて一時的に落語家へ復帰するのでは」と言われ始めたのは当然のことだろう。

さんまは以前「60歳を超えたら引退する」と豪語していた時期があり、これは自身が「60歳を超えたら落語家へ復帰する」伏線ではなかったかと思い出されることもあり、やはり落語ファンの間では今でも「さんま落語家待望論」が根強いようだ。

ところが、さんまは落語修行に関しては2〜3年の短期間であったうえ、松之助師匠も喜劇役者として活躍し、落語とは距離を置いていた時期があった。また、松之助師匠は関西落語家の殆どが所属している上方落語協会の結成メンバーでありながら、その後、脱退ことで、大舞台での「笑福亭さんま」復活は厳しいとの見方が大方である。

しかし、是非ともここは松之助師匠の一番弟子であるさんまが後継者としての高座を期待するのは、落語ファンのみならず、全国のお笑いファンからの声であろう。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『草や木のように生きられたら (ヨシモトブックス)


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る