【昭和の珍事件】平安時代に暴れた鬼のミイラを発見!?





富山県高岡市の「鬼のミイラ」をはじめ、日本の各地の寺や博物館には様々な鬼や妖怪のミイラが所蔵されている。

さて、今回、ご紹介するのは1925年(大正14年)5月29日の読売新聞に掲載された「鬼のミイラ」である。写真を見ていただくとわかるが、頭に角らしき突起物が2本生えており、またその頭は人間のそれより2倍ほど大きいようだ。

記事によると、このミイラは紀伊の国(今の和歌山県)にある「八鬼山」で文久元年(1861年)に発見されたものだという。

関連記事
まるで生きている…カナダ北部で発見された氷河期時代、オオカミのミイラ
ペルーのナスカで発見された3本指のミイラ、正体解明か?新たな検証結果が判明




八鬼山はかつて凶暴な鬼が住んでいたと伝えられていて、記事によると、この鬼のミイラは日本各地に数多くの「鬼神討伐伝説」が残っている武官・坂上田村麻呂(758~811)が退治したうちの一体だと説明されている。その伝承が本当ならば、この鬼は少なくとも平安時代に退治されたもので、10000年にわたり、そのまま腐らずに保存されていたものと思われる。

なお、このミイラだが、記事によると当時東京にやってくる予定があったそうで、「今度、浅草青年佛教傳道會堂で公開が決まった」と書かれている。浅草で見世物を展示する場所といえば、かつて浅草公園内にあった「珍世界」が有名であったが、記事を見る限り、そことは関係がなさそうである。




なお、このミイラが本当に浅草で公開されたのか、また実際に観た人の感想などは発見されていない。また、このミイラが今、どこで保管されているのかはわからない。

大手新聞に掲載された謎の鬼のミイラ。果たして、このミイラの正体はなんだったのだろうか……。

(文:穂積昭雪 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©読売新聞


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る