背後に鮮明なゴーストの顔が!怪異なスポットで撮影された衝撃の心霊写真





海外の心霊スポットで撮影された写真が話題を呼んでいる。

こちらはイギリスのドンカスターにあるセントニコラス教会を訪ねた心霊ツアーの参加者が撮影したもの。12世紀に建てられたこの教会では、昔から鐘楼にある鐘を鳴らすと幽霊を呼び出すことができると言われていた。

問題の鐘楼を見学し、古く狭い階段を一人ずつ降りていく最中、最後尾に位置していた参加者の一人が記念に自撮りをしてみた。すると男性の背後に不気味な顔が写っていたのだ。




男性らは撮影直後は顔に気づかず、心霊ツアーに参加した一行が夜遅くに教会内で撮影した写真をチェックしていた時に見つけたのだという。問題の写真は男性の顔の右横にはっきりと写っている。

本アトラスでも心霊写真は何度か紹介しているが、鮮明な心霊写真は珍しい。今回の写真では、男性の後ろに小さな男の子の恨めしげに見える顔がはっきりと捉えられていたため、皆怖がったがと同時に後ろにいた実在する人物が写ってしまったのでは、と思ったそうだ。




しかし、男性は確かに最後尾に位置しており、他のツアー参加者は皆前にいたし、それ以外の人は見当たらなかったという。

この写真はイギリスの超常現象調査機関が鑑定し、他の何者かが写り込むような合理的な解釈はできない、との見解が出ている。
果たして、この顔の正体は何なのだろうか。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像© Caters News

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る