和気清麻呂を助けた猪が狛猪として鎮座する 岡山県「和気神社」





今年、2019年の干支は亥。猪となり、十二支が一周する形になる。

しかし、十二支の中でも猪を大きく取り上げ、祀っている神社は非常に珍しい。そんな猪をメインにした神社の一つが岡山県和気郡の和気神社だ。

和気神社は和気氏発祥の地、和気清麻呂生誕地にある和気氏の氏神である鐸石別命(ぬでしわけのみこと)を祀ったことに始まる神社で、創建年代は非常に古く「不詳」となっている。




この和気神社には狛犬ではなく狛猪が鎮座しているのだが、それは過去に和気清麻呂が猪に助けられたためなのだそうだ。

奈良時代末期、称徳天皇に重用されていた僧侶・道鏡が力をつけていき、次第に権力を振るうようになっていった。そして神護景雲3年(769年)5月、宇佐八幡宮より「道鏡を皇位につかせたならば天下は泰平である」という神託が下る。

しかし、この神託の内容が偽物であると進言した和気清麻呂は道鏡によって大隅(鹿児島県)へ流罪にされ、また足の健も切られて満足に動けないようにされてしまった。




しかし、途中の宇佐(大分)の海岸で和気清麻呂の前に猪の群れが現れる。

彼が猪の一頭にまたがってみたところ、猪は駆け出して宇佐八幡宮に運んだばかりか、宇佐八幡宮の神が足の治療に効く霊泉の場所を教えてくれたのだった。この霊泉に漬かったことで和気清麻呂の足は治り、また道鏡が失脚した後には再び京に戻って天皇に仕え、様々な事業に携わることとなった。

そんな逸話から、和気清麻呂を祀る神社やゆかりの場所では猪が神の使いとされているのだ。今年の開運祈願に猪の社をおとずれてみるのはいかがだろうか。

関連動画
2箕作圭吾ら明治天皇にすり替わった秦一族の原点となっている菊の紋のある和気神社(唐から来た和気清麻呂?)!猪が高麗犬替わり!藤公園の藤原?

(田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©和気神社公式サイト|岡山県和気町より

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る