カラスたちも怯えた?市街地上空に出現した奇妙なUFO





こちらはアメリカ・ロスアンゼルスで撮影された動画だ。

夕暮れの街の上空で、無数のカラスが飛び回っている様子が確認できる。

しかし、その群れの中に一つ、鳥とは違う黒い物体が存在している事が見て取れる。楕円形の黒い物体は烏の群れよりさらに奥を飛行しているようだ。

関連動画
Something Strange, It’s Happening Over LA! (2018-2019)






この動画を見たUFO研究家のBlake Cousins氏とBrett Cousins氏の二人は周囲と距離から考えて、問題の物体が15〜25フィート(4.5~7.5メートル)もの大きさがあると判断。狂ったように飛び回るカラス達は「もしかすると、UFOに感づいていて怯えているのかもしれない」と述べている。

彼らは竜巻が来る数時間前にカラスの大きな群れが教会の周りで確認されたという事例を出し、「カラスたちは昔から神様のメッセンジャーとして神話に出てきていた。もしかすると昔の人々はカラスは超自然的なものに敏感な生物だと考えていたのかもしれない。そう考えると、UFOに反応しているような今回のカラスたちの動きも何ら不思議ではない」と述べている。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©thirdphaseofmoon/YouTube




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る