【衝撃事実】エロい女性に忍び寄るモノ、『露出狂』と″まさかの…〇〇″だった!!

8月2日放送の『上田と女が吠える夜』(日本テレビ系・水曜21時)で、お笑いタレント・紺野ぶるまが番組ロケ中に起きた自身の恐怖体験について語った。

いろんなモノが、寄って来たり入って来たりしちゃうという『霊媒体質』だと打ち明けた紺野が心霊ロケに呼ばれた時のこと。



山奥だったのだが「凄いいっぱい″何かがいる″感じがした」という紺野。

そして遂に「『ゼロ距離』に寄ってきたな……」と紺野が察知したその時!

「ギャアァァーーッ!!!」

と紺野は思わず大絶叫!その声に驚いたADの女性は転倒してしまい、ロケが中断となったそうだ。

「結構迷惑をかけた……。二度と呼ばれないんだろうな……」

と落ち込んだという紺野。

しかし、次の日事務所に例の番組スタッフから電話が来たのだが、紺野の心配とは裏腹に番組への再出演を強く懇願したというスタッフはその理由について、紺野が悲鳴をあげた直前に……

「聞こえてるの?」

と言う女性の声が入っていたと語ったのだそうだ!



この紺野の恐怖体験に、「怖い!!!」「鳥肌が立つ!!」と激震したスタジオのなか

上田が紺野のこの体験についてゲストで自らオカルト体験を多く持つというオカルト編集者・角由紀子に「何で呼びよせたりするの?」と問うと、角は

「エロい女は割と呼び寄せます!」

とキッパリ断言!

その理由として、「『幽霊』は元々『人間』ですので、現世でも女好きは亡くなってからも女好き!」と角が持論を述べると

それに対し「確かに幽霊とかではないですけど、引き寄せるって意味では『露出狂』は人生で20回くらい遭ってます!」と衝撃暴露した紺野。

『幽霊』のみならず、生きた人間である『露出狂』にまで好かれている魅力いっぱいの!?紺野に、驚愕の声を上げた出演者一同であった!


(香里 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

Engin AkyurtによるPixabayからの画像

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る