鬼籍の常連が帰ってきた!?パブに現れた白いゴースト





古い建物には必ず幽霊がいる、と言われるくらい、国内のあちこちで幽霊の目撃証言がある国、イギリス。そんなイギリスのパブで幽霊らしき姿が撮影された!?として話題になった動画がある。

こちらの動画は、2015年の10月15日に撮影されたものである。

関連動画
Ghostly figure chillingly sweeps across a pub’s CCTV camera

イギリスはハンプシャー州のヤテリーに建つパブ「ホワイトライオン」では、普段から廊下や階段から足音がする、人の気配がするなど怪現象が起きていたという。




そんな中、防犯用のカメラが捉えたのがこの謎の影だったのだ。時刻は15時ということでまだ日も高く、階段には窓から明るい日差しが差し込んできている。

そして、階段上の窓から白い人影のようなものが現れ、パブの中にするりと入り込んできてしまうのである。

このパブではかつてこの店の常連だったというジム・ロジャーズという人物の幽霊が目撃されていると言われており、彼の霊が入ってきた所だったのではないかと噂されているのだ。

近年日本でも定着してきているハロウィンだが、10月31日は古代ケルト人にとっては一年の終わりであり、死者の霊が家族を訪ねてくる日であるとされていた。

そのため、ハロウィンを控えたこの日にジムがパブを訪れたのではないか、と動画を見たパブの人々は推測しているという。

(ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る