建築業者が壁に隠された92年前の瓶入りメッセージを発見

ある建築業者が、自宅での作業中に壁の中からなんと92年前の瓶入りメッセージを発見して注目を集めている。

発見者のダン・ダフォーン氏によれば、イギリスはウェールズのペンブルックシャーにある自分の家で古い暖炉の解体作業を行っていたところ、ガラス瓶のようなものの先端が壁から突き出ているのに気づいたという。

調べてみると、瓶の中には丸めた紙が入っていた。それは1931年9月14日に書かれた、この建物の歴史を記した手書きの書面だったのだ。なお、タイトルは『ミン・イ・モールの歴史』となっており、保存状態は非常に良好だったという。




「特別なものだとわかったし、古い手書きの文字がクールだった。甥っ子たちは大喜びだったけど、そのうちの一人がアイスを手にしていたので、貴重な資料から遠ざけなければならなかった」とダフォーン氏は語る。

その後、彼の母親がこの発見をネットにアップしたところ、すぐに反響が殺到したという。

「それを粉砕しなかったのは幸運なことだった。中に何が入っているのか見当もつかなかったけれど、古い何かであることはわかったよ。宝の地図みたいなものでもよかったんだけどね」とダフォーン氏は語っている。

(勝木孝幸 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

AlexaによるPixabayからの画像

TOCANA関連記事
壁に隠された92年前の瓶入りメッセージを発見! 執筆者不明、書かれていたのは…?=英

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る