何故…『カメラを止めるな!』の原案舞台のDVD発売が突如中止!





都内わずか2館のみの上映から、口コミにより全国へ拡大公開。以来、4カ月以上に渡り全国で上映が行われている『カメラを止めるな!』(監督:上田慎一郎)。この映画の原案となった舞台作品『GHOST IN THE BOX!!』(脚本・荒木駿、演出・和田亮一)のDVDが突如発売中止になったことが11月4日、明らかになった。

『GHOST IN THE BOX!!』は今年8月、週刊誌「FLASH」にて『GHOST IN THE BOX!』と『カメラを止めるな!』の間で盗作およびクレジットの表記問題でトラブルになっていることを発表していた。

『GHOST IN THE BOX!!』のDVD発売は、盗作元とされた舞台版が、どのような内容だったのか『カメラを止めるな!』ファンへの検証も含めて商品化に踏み切ったものと思われていた。




そのため、今回の『GHOST IN THE BOX!!』発売中止は、同じくDVDが発売予定の『カメラを止めるな!』サイドから何かしらの横槍が入り、中止が決定したのではないかと噂されているほか、『GHOST IN THE BOX!!』側に何かしらのトラブルが発生しているのではないか、といった声が相次いでいる。

実は今回の『GHOST IN THE BOX!!』は原因は不明だが、2011年初演当時の舞台映像を収録したものではなく、最近になってDVD撮影用に上演された映像なのである。

また、キャストに関しては流石に7年前のキャストをそのまま集めるわけにはいかなかったらしく、すべて変更されており、脚本以外は全くの別ものだったらしいのだ。




そのため、今回の『GHOST IN THE BOX!!』は本来のオリジナルキャストの間で自分たちでない他者による撮り直しに対する不満が爆発したのではないかと噂されている。

現実的に考えて、キャストの引退や休業もあり7年前の舞台をキャストをそのまま集め再演することは不可能だ。かなり足並みの乱れた結果となってしまった『GHOST IN THE BOX!!』のDVD発売中止であるが、『カメラを止めるな!』からの話題はまだまだ尽きることはなさそうだ。

(江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『映画『カメラを止めるな!』アツアツファンブック 『カメラを止めるな!』を止めるな!熱狂のポンデミック

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る