浜崎あゆみ、今年は「雨女」ジンクスを払拭!?台風直撃の最中に神対応





以前、ATLASでは「浜崎あゆみ最強の雨女説」をご紹介した。これは浜崎が行うライブは雨天が多く、最悪のケースになると台風が直撃してライブそのものが中止になることがあるために生まれた芸能都市伝説である。

特に2017年は浜崎にとって「厄年」だったのか、2回に渡り季節はずれの台風がやってきてライブが中止。さらに浜崎の体調も芳しくなかったようで、11月には急性気管支炎を患いライブがキャンセルになっていた。

関連記事
【新厄年の災難】浜崎あゆみ急性気管支炎ダウン、現在「大厄」真っ只中!? 
【見間違い・・・?】浜崎あゆみ6月発売MV、”ビーチク”ポロリ疑惑? 




さて、今年2018年だが、浜崎には珍しく、ここまで天候による中止はなく非常に順調なライブ活動といえる。それどころか最近では、自身の「雨女体質」を事前対策しようと思ったのか、非常にユニークな方法で雨回避を行っているようだ。

それは、現在(7月29日昼)、関西地方に急接近中の台風12号により、大手レコード会社で浜崎も所属しているエイベックス・グループが主催する野外音楽イベント「a-nation(エイ・ネーション)」の三重公演が中止になった。

浜崎は上記のライブには出演していない。しかし、浜崎は新作アルバム『TROUBLE』発売記念のために天候に左右されない「LINE LIVE」と「インスタライブ」を駆使し、本日午後5時から同時生配信ライブを行う




この「LINE LIVE」と「インスタライブ」というのは、インターネットを使った無料配信である。なお、浜崎が生歌をネットで披露するのは非常に珍しく、これには台風の影響で外に出かけられない音楽ファンから「ナイスタイミング」「エイ・ネーションの代わりとして楽しみたい」といった賞賛の声が届いている。

浜崎側が果たして、エイ・ネーション中止を事前に察知していたのかは不明だが、結果的に雨女体質を自覚した浜崎ならではナイスプレイといえるのではないだろうか。

(文:パンダ・レッサーパン・ダグラフ ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像 ㊧『TROUBLE(スマプラ対応)(ジャケットA)』㊨『TROUBLE(スマプラ対応)(ジャケットB)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る