自らを準神様と称する『えむびーまん』、大阪地震を予言?!あり得ない…





ネットで自らを準神様であると称している人物がいる。

えむびーまん(本名は山本隆雄氏)という人物であり、なんと先日発生した大阪の地震を予知していたと言うのだ。

えむびーまん曰く、「我が国の三大準神は、シバ神の麻原彰晃、ガネーシャ神の清水俊介、クリシュナ神(ヴィシュヌの化身)の山本隆雄だ」と主張しているのだ。

この辺も全く理解ができない。

大阪地震が発生した時、えむびーまんこと山本氏は、石川県片山津温泉の大江戸温泉物語に浸っていたという。




関連記事
地震の稚拙なデマ総括!シマウマ脱走、阪急電車脱線、外国人が空港に殺到…
大阪地震デマ第2弾「維新の会がカジノを関西誘致しているから…」呆れた虚言
大阪地震は安倍内閣が起こした人工地震!?そんなデマを信じるな !

また、大阪を離れるときに準神様である自分がいなくなるから、「大阪で震度6の地震が発生するかもしれない」とブログで予言したと主張している。被害に遭われた人の気持ちを考えれば、このような主張はあまりすべきではない。

自らを神と称したり、ペンネームや芸名・ハンドルネームに神と言う文字を入れたりするおこがましさも理解できない。

ここまで配慮ができない準神様がいるものだろうか。このような予言に振り回されてはいけない。

(串田圭介 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る