アラスカ海底に謎のピラミッドが存在した!?GoogleEarthに写った謎の地形

Google Earthにて巨大なピラミッドが海中に発見され、アトランティスの遺跡がアラスカの近くに存在したという証拠だとする噂が出て注目を集めている。

発見したのは海外で主にUFO関連動画をYotubeで紹介しているBrett Cousins氏ら。彼らがYouTubeに投稿した動画では、アメリカはアラスカのChicagof島から海中に進んだ先に、ピラミッドを思わせる不思議なな構造物が海底に存在しているのが見てとれる。




彼らは「私たちは今回発見したものが何であるか考えている。エジプトのギザのピラミッドとよく似た構造をしているように見えるが、かつてアラスカに存在した謎の文明のものなのだろうか?」とコメントしている。

関連動画
Atlantis FOUND? Google Earth ‘exposes huge underwater pyramid’ off coast of Alaska.

また、海底をよく見ると構造体に向かう轍のようなものが存在しているようだ。これについても彼らは「古代の道ではないか」とし、「伝説のアトランティスの遺跡と考える人もいるかもしれない」としている。

哲学者プラトンによって著書に記された都市アトランティスは、昔から多くの人が存在したの証拠を探し求めてきた。アトランティスが自然災害によって海に沈んでしまう前は、優れた技術や文明を持って強大な支配力を誇っていたという。




この動画が発表されてすぐに15,000人以上の人が視聴し、様々な意見を書き込んでいる。

中には今回のGoogle Earthの画像について、海底の岩などに過ぎないのではないかとする冷静な意見もあるが、アラスカの海底にこれまで知られていなかった文明の遺跡が見つかったとする意見もある。

果たして、今回発見されたものは何なのだろうか。検証が待たれるところだ。

(加藤史規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る