日本大学内田元監督、自供マル秘録音テープが文春の手に…本音がポロリ!?

散々な記者会見を開き、日本大学のイメージを奈落の底につき落としてしまったアメリカンフットボール部の内田正人元監督。

ネットで生中継された記者会見は、融通のきかない老司会者の対応もあり、見た者が誰も納得しない中身のないものになってしまった。




関連動画
【会見全編】アメフト反則タックル問題 日大の内田前監督らが会見(2018年5月23日)

そんな中、週刊文春がまたまたスクープを掲載するらしい。

本日5月24日木曜日に発売される予定の週刊文春によると、日大の内田元監督が親しいマスコミ関係者にもらしたテープ音源が、6ページ近くにわたって掲載されると言われている。

その中身が注目されるが、記者会見とは全く違った内田元監督の赤裸々な発言が網羅されていると言う。意図的に怪我をさせたという事が明らかにされるかもしれない。かなりの関心が集まりそうな記事である。




関連記事

日大アメフト内田監督、グダグダ責任転嫁!爺司会者が記者会見をブチ壊し!


しかも、単なる文字にされたインタビューだけではなく内田元監督のしゃべっている肉声テープが公開されるという。 もはや、内田元監督は逃げ道がないところまで追いつめられたようだ。

内田元監督の記者会見の全てが否定された場合、アメリカンフットボール部の監督を辞任したこと、また近々に日本大学の理事を休職または辞職することだけでは済まないような気がする。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る