妹想いのお姉ちゃんが…突発的に起こした凄惨な事件、何がそうさせた

このような悲惨な事件はなぜ発生したのか・・・

これは1977年10月14日に記録された珍しい事件である。前日の10月13日、午前10時頃、60歳の男性に連れられて生後2ヶ月の女の子の赤ちゃんが血まみれの状態で東北の某市の診療所に運び込まれた。

赤ちゃんはカミソリのような鋭利な刃物で顔をメッタ斬りにされており、重症だった。赤ちゃんは左目上、くちびるなどに数十センチほどの深い傷を負っている状態で、診療所では手に負えないことから市内の病院へ搬送されたのだが、手当の甲斐なく同日の午後1時頃に出血多量で死亡した。




この赤ちゃんを傷つけ、結果的に殺害を犯した人物はすぐに判明した。なんと、犯人は実のお姉ちゃんにあたる2歳の女の子、A子ちゃんだったのだ。

A子ちゃんは最近、ようやく片言ではあるが話せるようになり、2ヶ月前に妹が生まれた事を喜び、両親に対してもお姉さんぶるなどしていたという。A子ちゃんはお母さんを真似て化粧遊びなどをする癖があり、お母さんのカミソリを使った顔剃りなどをよく観察していたという。

この痛ましい事件があったこの日、両親は働きに出ていて、おじいちゃんと幼い娘二人は朝早くから留守番をしていた。

A子ちゃんは両親が出かける際、ほかの子供と同じように「行かないで」と駄々をこねていたが、その後は祖父と外で遊ぶなどしていたという。しかしA子ちゃんは祖父がちょっと目を離した隙を見計らい、赤ちゃんのいる自宅2階へあがり、赤ちゃん相手にカミソリ遊びをし始めたという。

なお、この事件で未だ解らないのは、A子ちゃんが可愛がっていた妹を殺めた動機である。




カミソリで顔を何度も切り付けられた妹はその痛みで泣き叫んでいたはずである。血まみれで泣き叫んでいたであろう、かわいい妹の顔に何度もカミソリの刃をあてるという精神状態は通常では理解しがたく、本件をよく調べた教育の専門家も首を捻るばかりで「何か心に奥深い原因があったのではないか」と推察している。

幼いお姉ちゃんが引き起こしてしまった痛ましい事件。なお、本事件から43年が経過していることから、A子ちゃんは現在45歳前後の中年女性になっているはずである。

幼くして亡くなったA子ちゃんの妹を悼むと同時に、A子ちゃん自身はその後平穏無事な社会生活を営んでいることを祈りたい。

(文:穂積昭雪 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーション編集部)

画像©DWilliams PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る